当院のコロナ対策はこちら

ヘバーデン結節改善には食べ物、ストレス、体の歪みの改善を継続することが大事です

ヘバーデン結節は指の第一関節に痛み、腫れ、変形が起こる病気ですが、病院では原因不明で治すことができません。

ところが東洋医学ではその原因は腎臓の慢性的な疲れにあると言っています。

それに従い施術をしていきますと改善できるのです。

何をするのかといいますと食べ物をまずは改善してもらいます。

腎臓を疲れさすのは食べ物、ストレス、体の歪みにあります。

これらを改善すればいいのですが、それを継続できるかどうかが最大のポイントになります。

食べ物ですとアルコール、コーヒー、紅茶、緑茶、甘い物、果物、小麦製品、乳製品、超加工食品(合成保存料などの食品添加物が入ったものなど)薬などを一旦やめて水を飲んでください。

そしてストレスをなくして体の歪みを整えるのです。

体の歪みとは肩が下がっているなどの見た目の歪みもありますが、体を動かしてみて前後、左右、回旋動作をしてみてやりにくい動作が一つでもあると体は歪んでいるのです。

それを改善するには定期的な施術と毎日の均整体操になります。

それを継続するとヘバーデン結節は改善できるのです。

ところが自分ひとりでは継続できない人もいます。

施術に来ていればまだいいのですが、遠くで来れない、また一人ではなかなか継続できない人も多くいます。

そういった人たちのために当院ではラインサポートコースというものがあります。

これは週に一回私とラインテレビ電話でカウンセリングを行います。そしてそこで体の状態、食べ物などを調べてその週やってもらうことを決めます。

そしてそれができたら毎日ラインしてもらいます。

スタンプだけでも大丈夫です。

毎日これを続けることにより、体にいいことをやることになり体の内部環境が良くなってきます。

そうしますとヘバーデン結節だけではなく様々な体の不調が改善されるのです。

ラインサポートコースの詳しい説明はこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。