当院のコロナ対策はこちら

ヘバーデン結節とコーヒーの関係は?

へバーデン結節は病院では治す事ができない不治の病ですが、東洋医学ではその原因を腎臓としています。

腎臓が疲れてしまうと関節に異常が出るとい法則があるのです。

この法則に則って施術をしていきますと改善できるのです。

決して不治の病ではないのです。

腎臓の疲れとは

腎臓が疲れることしているとヘバーデン結節になるのですが、その疲れとは日常の生活環境が起こしています。

食べ物、ストレス、体の歪みなのです。

食べ物の中では圧倒的にコーヒーを飲んでいる人がヘバーデン結節になる人が多いのです。

コーヒー

コーヒーの何が腎臓にいけないのか?

ずばりカフェインと刺激がいけないのです

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなります。

カフェインが入っているからです。

ヘバーデン結節の人は腎臓を休めなければいけません。

ところがコーヒーは尿を生成してしまいますので腎臓が休めません。

また、コーヒーを飲むと胃がムカムカする。

夜眠れないなどの症状を訴える人もいるくらい刺激が強いのです。

この刺激も腎臓には良くないのです。

なのでヘバーデン結節になっている人はコーヒーは控えなければいけません。

2週間ほど飲むのをやめて水をよく飲んでください。

それだけでも痛みが止まる人もいます。

何かを変えないと何も変わりません。

一度やってみてはいかがですか?

2022年6月は院長還暦キャンペーンを行っています。

初回の方のみAコース1980円で三起均整院の施術を受けることができます

ぜひこの機会にどうぞ。

施術予約はこちらから

ヘバーデン結節について詳しく知りたい方は下記の私の著書をご一読ください

2022年2月10日発売の「ヘバーデン結節の8割は食事でよくなる」青春出版社

の購入はこちらから

施術お申し込みは三起均整院のHPから

========================

私の思い

========================

病気の大きな原因は食べ物、ストレス、体の歪みにあります。

私は学生時代に腎臓を悪くして7年の闘病経験があります。

なかなか治らに日々が続きました。

その間いろいろな、自然療法、食事療法、施術法を受けてきました。

そして鍼灸学校、整体学校にいきました。

そして整体学校にいっているうちに治ってしまったのです。

私はもともと体が硬かってのですが、整体学校で施術を受けたり、施術をしたりしてるうちに体は柔らかくなったのです。

それと同時に腎臓病が治ったのです。

体の歪みが原因だったのです。

体の歪みが病気の原因だということはほとんどの人は知りません。

でもそれが原因で皆さんの症状が出ているのかもしれません。

歪みを普段から取り除いていたら病気が改善することを私は知っています。

皆さん諦めないでください。

その方法がここにあります。

============================

慢性症状改善リアルセミナーin東京(渋谷)

=============================

慢性症状、うつ、更年期障害、肩こり、腰痛、ヘバーデン結節などでお困りの方、今の健康を維持したい方ぜひ来てください。

日時 2022年6月22日水曜日  10:30〜12:30

詳しくはこちらから

============================

生活習慣病、腰痛、緑内障、ヘバーデン結節改善無料zoomセミナーのお知らせ

=============================

日時 2022年  6月18日(土曜日)13:10〜14:10

          5月21日(火曜日)13:10〜14:10

料金 無料

申し込み方法 三起均整院のラインもしくはメールで氏名、お住まいの都道府県名を添えてお申し込み下さい。後ほど参加URLを送ります。

詳しい説明はこちらから

お近くの治療院検索は下記のバナーでどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。