当院のコロナ対策はこちら

ヘバーデン結節はストレスでもなりますよ

ヘバーデン結節は指の第一関節に痛み、腫れ、変形が起きる病気ですがストレスでもできるのを知っていますか?

ストレス状態になりますと副腎からアドレナリンが出てきます。

この状態が長く続きますと腎臓の疲れてしまいます。

そして腎臓が慢性的に疲れますと関節に異常が出てくるのです。

それが指の第一関節に異常が出たものがヘバーデン結節となるのです。

ストレスとは

ストレスは本人にしかわからないものなのであり、また同じ状況に他の人が置かれてもストレスを感じない人もいます。

なので他人には理解できないものとなっています。

大脳生理学から見ますとストレスとは左右の脳のどちらかが優位に活動している状況であります。

左脳が優位な方は一つのことが頭から離れない状況になります。

右脳が優位な方は自分ではストレスを感じませんが少し変な行動をとる傾向にあるようです。例えば朝は元気だったのに昼からは元気がなくなったりとかです。

要は左右の脳が同じように活動していれば冷静な判断ができるようになり、ストレスは回z寝します。

解決策は

左右の脳をおあんじように働かせる方法は色々あります。

趣味に没頭したり、運動したり、する方法もありますがここではおでこに手を当てるか、みぞおち、又は恥骨結合部に手を当てる方法を実践してみてください。

上記のうち一箇所で大丈夫です。

5分手を当ててください。

ストレスを受けやすい人は毎日寝る時に寝ながら行ってください。

そうしますとたとえストレスを受けても早く回復するようになります。

やって見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。