当院のコロナ対策はこちら

ヘバーデン結節は足の指にもできる?

ヘバーデン結節は手の第一関節に痛み、腫れ、変形が起きる病気ですが現代医学では原因不明の病気です。

足の指にもできるのか?

結論から言いますが足の指にもできます。

何故ならば原因が同じだからです。

ヘバーデン結節の原因は病院では不明となっていますが、東洋医学では腎臓の慢性的な疲れとなっています。

腎臓が慢性的に疲れますと関節に異常が出ます。

それが指の第一関節に出たものがヘバーデン結節、第二関節に出たものがプシャーる結節、足の拇趾に出たものが外反母趾という名前になります。

関節の異常はどの関節にでも出るのです。

したがって足の指にも出るのです。

それを改善するにはいつもお話していますが食べ物、ストレス、体の歪みを整える必要があります。

それができれば改善することができるのです。

諦めないでください。

公式LINEで24時間予約受付中。院長と無料で相談ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。