当院のコロナ対策はこちら

ヘバーデン結節を甘く見てはいけませんよ。三起均整院

ヘバーデン結節は指の第一関節に痛み、腫れ、変形などが起きる病気ですが病院では原因不明では不治の病と言われていますが、命に別状がないので軽く見られt例ます。

ところがヘバーデン結節になっていて痛みが取れない人にとっては辛くて仕方がないのです。

そして、ユーチューブやホームページなどを見て当院にたどり着くのですが、ヘバーデン結節を甘く見てはいけません。

何故ならばヘバーデン結節は東洋医学では腎臓が慢性的に疲れるなる病気だからです。

腎臓が慢性的に疲れますと関節に異常をきたします。

それが手の第一関節に起きたのがヘバーデン結節なのです。

腎臓の疲れは他にもでる

腎臓が慢性的に疲れますと実は関節以外にもいろいろなところに症状が出ます。

どこに出るのかといいますと、脳、脊髄、歯、骨、髪の毛、耳鼻咽喉、膀胱、生殖器、血液などに出るのです。

ですからそのまま何もしないでいますと病気が進行して上記の他の場所にも症状が出るようになってくるのです。

子宮筋腫、難聴、甲状腺の病気などを併発するのはよくみかけます。

なので早く手を打ってください。

いつも言っていますように食べ物、ストレス、体の歪みこの3つを整えることが必要になります。

食べ物ではアルコール、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの、果物、小麦製品、乳製品、加工食品、薬などをやめて水を飲んでください。

これが改善のポイントになります。

そしてストレスを取り体の歪みを正すのです。

体の歪みは定期的な施術と毎日の均整体操で改善できます。

諦めないでくだだい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。